本文へスキップ
  【10月24日 最高の演技を披露できた学習発表会T】

 保護者の皆様には,朝早くからお出でいただき,子供たちの演技にたくさんの声援と拍手を送ってくださいまして,ありがとうございました。
 3日前に行われた児童公開の演技に,間の2日間にさらに磨きをかけて臨んだ一般公開でしたが,いかがだったでしょうか。子供たち一人ひとりが,精一杯の演技を披露し,手前味噌ながら,最高の演技を披露できたものと思います。
  
 開会にあたり、210名全員による全校合唱「ビリーブ」。1,5,6年生は,衣装を身につけて歌いましたが,2部合唱をきれいに歌い上げました。圧巻の歌声でした。
  
 はじめの言葉。今年も1年生が担当しました。学習発表会の演目を,身振り手振りを入れながら紹介していきました。望遠鏡でのぞいているような仕草もかわいいです。小さな体から精一杯の声を出して,元気に紹介することができました。
  
<5年:合唱・和太鼓「祈り」「ぶち合わせ太鼓」>
 「祈り」では,ソプラノとアルトのみごとなハーモニーを聞かせてくれました。とてもきれいな歌声でした。一方「ぶち合わせ太鼓」では,力強く太鼓をたたき上げる姿が印象的でした。心を一つにして,祈る気持ちを表現することができました。
  
<2年:音楽劇「少年少女冒険隊」>
 2年生ははじめはひな壇に立って,せりふを言ったり,歌を歌ったりしました。みんな大好きな歌をリズムに乗って歌いました。途中,ひな壇から下りてきて,歌に合わせて踊り始めました。そのダンスも2年生らしいかわいらしいものでした。襟元のバンダナも決まっていました。ステージ上の「ぼうけんたい」は子供たちの足形で作りました。
  
<1年:音楽劇「スイミー」>
 海の生き物に扮した子供たちが,役になりきってせりふを言ったり,身振り手振りを付けて動き回ったりしました。歌の場面でも,大きな口を開いて歌いました。小さな魚たちが、スイミーのリードのもと,大きな魚をやっつけました。ステージ上の大きな魚の絵は,子供たちの手形で作ったものです。

 以上,学習発表会の前半の様子です。