本文へスキップ
  【7月8〜9日 思い出いっぱいの修学旅行】
 
 6年生にとっては,小学校生活での一番の思い出になるような1泊2日でした。子供たちは,総合的な学習の時間を使って,会津や白石に関する歴史を調べたり,自主研修でまわるお店に事前に電話連絡を入れたりしながら,準備を進めてきました。それらの学習の成果が,随所で発揮され,大成功の修学旅行となりました。
  
 1日目の最初の見学先である会津藩校日新館では,入館する前に座って何か話を聞いているようです。(1枚目の画像)実は,日新館について調べた2名の女子の話を聞いているところです。その後,日新館の見学をしたので理解も深まったようです。
 鶴ヶ城の見学のあと,自主研修となりました。思い思いの飲食店に入り,昼ご飯を食べました。そして,自分たちが事前に連絡をしておいたお店に行って,体験学習をしてきました。2枚目の画像は会津の特産品の一つである『絵ろうそく』作りに取り組んでいる様子です。
 宿泊先のホテルでは,バイキング料理でおなかを満たし,各種のプールにも入り,入浴もして夜の時間を楽しみました。

  
 2日目は,3枚目の画像のとおり,リニューアルオープンしたばかりの野口英世記念館を見学し,野口博士の業績などを学びました。タッチパネルや等身大人形などもあり,楽しく学んだようです。
 その後,五色沼に行き,1時間ほどのハイキングを楽しんで檜原湖まで進みました。途中で,桑の実などを美味しく食べた子もいたようです。
 とても楽しく,とても充実した,思い出いっぱいの修学旅行でした。